リハビリテーション

言語聴覚療法

言語聴覚療法

失語症、構音障害、認知症、摂食嚥下障害、高次脳機能障害などのある方々へ状態に応じ、個別リハビリや集団リハビリを実施しています。
当院は医療・介護療養型病床という事もあり、入院生活が長期化している患者様が多いのが現状です。

入院中の患者様の中には経菅栄養の方も多いことから、口腔ケアには特に力を入れながら口腔衛生を保持し誤嚥性肺炎の予防に努めています。

また、嚥下障害がありつつも経口摂取されている患者様には、医師・看護士・栄養士・介護士等と協力しながら、いつもでも「口から食べる楽しみ」を継続できように支援しています。

さらに、身体機能訓練においては、必要に応じて、理学療法士・作業療法士協力のもとリハビリを行っています。

食事に関する取り組み

スマホ表示